糖尿病の症状について知り!対策と予防!

糖尿病の症状について知り!対策と予防!について

糖尿病の症状の怖さを知る益

病名を知っているがどんな症状や弊害があるか知らないという方は少なくない。

特に若い方であれば元気なので考えない事が多い。

現代病とも言われる糖尿病がどんな病気がご存知だろうか?

日本人の5人に1人がこの病気だとも言われる。

健康診断では発見されず異常は無いと言われてても、隠れ糖尿病だったというケースが増えてきている。

太っている方がなり易い病気と思う方が多いが、太っている痩せているかかわらず、さらには男性、女性ともにかかる可能性がある。

この事実を知ると、糖尿病はすべての人が気にかけるべき病気であると感じられるのではないでしょうか?

では、糖尿病になるならどうなるのだろうか?

簡単に言いうと、この病気は血糖値が高くなる血管の病気である。

ではそれがなぜ悪い症状につながるのか?

血糖値が高いまま生活するなら、血管に負担がかかり血管がもろく、ボロボロになる。

結果、正常な血管の働きが出来ず各臓器に悪影響が出てくるのだ。

血糖値が高くなり血管が正常に働かなくなる糖尿病はどれ程怖い病気なのだろうか?

血管がもろく、ボロボロになると体の各臓器や手足の先にまで栄養が届かなくなる。

すると、どうな症状がでてくるだろうか?

糖尿病合併症と呼ばれる症状が出てくる。

これらは、本人の生活に大きな悪影響をもたらし、寿命を著しく低下させる。

例えば、目に合併所が出てくるなら視力が著しく低下または失明する。

今まで見てきた風景や家族の顔が見えにくくなるというケースがある。

また手足のしびれ、酷くなると足が壊疽してしまい切断しなくてはいけないという場合があり、今までの自分や家族の生活が一変するような怖さがある。

脳梗塞や、狭心症の発症にもつながり命の危険が出てくる。

糖尿病の症状はこちらのサイトが参考になります

これらを聞くと確かに糖尿病からくる合併症の症状は怖い病気だが、この怖さを知っているなら普段の生活から健康に気遣い、発病しても病気と向き合い対処していかなくてはという思いになるのではないでしょか。

Comments are closed.